息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

大雨

秋田が大変なことになってる。

そういう我が家もこのまま降り続けられたら、大変……。


今朝はいろいろ道路冠水してるし、国道も、通行止め多くて、裏道裏道でいけば

出勤出来たけど、主人も召集かかって仕事にいってしまったし、

近所の川は氾濫してしまったし……


娘が心配なので、無理せず、休んでしまった。


いつでも避難出来るように、荷物まとめて車に積んでるが

杞憂ですんでほしいと……。


雨がちょっと止んだので、琥珀の散歩がてら、雄物川を見に行った。

秋田県を縦断してる雄物川は場所によっては氾濫してしまってるが、うちのほうは警戒水位までまだ少しあった。

氾濫すれば、うちは水没地域。


いろいろな所で自然が猛威をふるってるこの頃、うちも大雨だと、恐いなとは思ってたけど、いつもの散歩コースはもう、海のよう。


自然は、こわいな……。


大事なものは二階にあげた。

息子の分骨した遺骨も。

写真はバックにいれて、持ち出しにした。


娘が遺影は?と聞いてきたけど、

遺影はそのまま。


多分大丈夫だと思ってるけど

大切な物、たくさん有りすぎる……。


息子の残ってる物、全部大切な物だ……。


このまま、何事もなく

水、引いていきますように……


いろいろな被害にあわれてしまった方

かける言葉もありませんが……。


なんとか、のりきっていきましょう……。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。