息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

体調

何も考えないように、

何も感じないように、

息をひそめて暮らして

淡々と毎日を過ごしてきた。


お彼岸も、家族でお墓参りが出来た。

一週間後には、また訪れて、

生花の片付けもしてきた。

初めて、

息子のお墓に通うようになって初めて、息子の会社を見ないようにした。

意識して、目を背けた。



ずっーと体調が悪くて、仕事と家事で疲れきっていた。

更年期かな、ちょっと早いけど、そうだろうなと思っていたけど、

試しに一週間血圧測ってみたら………

皆ビックリするような数値だった。

他にもいろいろ具合悪くて

頭痛外来で評判の病院を受診した。


血圧高すぎるし、遺伝的にも

危険因子あるので、MRI検査してもらった。


検査の間、不謹慎な期待をしていた。

病気だったら……

自ら逝くわけじゃない……なんて………。

(病気で苦しまれてる方、ごめんなさい)


結果、異常なし。

偏頭痛➕ストレートネックによる緊張型頭痛も加わり、毎日頭痛になっているのでは?


異常なしだけど、将来的に動脈瘤になるのではと、疑われる箇所もあるので、

また来年もMRI検査しましょう、と言われ、

血圧も2週間測定して、また来てください。

薬はその時、考えましょうということだった。


まだ逝けないんだな……

まだ、お風呂で隠れて泣いてるしかないんだな……


まだまだずっーと

お兄ちゃんのいない世界で

生きていかなきゃならないんだな……


お兄ちゃん、お母さん

案外しぶといみたい……


会いたいな……

お兄ちゃんと会話したいな……


お兄ちゃん……

今 何してるのかな……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。