息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

大曲の花火

今日は大曲の花火。

また、大雨による河川の氾濫で

会場は滅茶苦茶な状態。

夜通しの復旧作業でなんとか開催にごぎつけたようだ。

関係者の方々の尽力に称賛をおくりたい。


主人が管轄署に勤務してた4年間。

本人は勿論仕事で不在だか、毎年子供たちと出掛けていた。


最初の年は 息子も一緒に。

2年目からは就職して仕事だったので、

(毎年土曜と決まってるので、休日出勤ですね)娘達と。


主人の官舎の目とはなの先で開催されるので

駐車場でも綺麗に見えるので

会場の信じられない人混みには行かず

いつも駐車場にシートを広げてみていた。


息子が来れなくなってからは

仕事中だろうに、何通も写メ送って……。


『お父さんもお兄ちゃんも可愛そうだね……。いつもお仕事でね……』って話しながら……。


花火が終わると、6畳にキッチンしかない

狭い狭い官舎に(何故か独身者用に入居でした。)無理矢理布団を敷いて

くっついて眠って……

そして、午前2時過ぎ 主人が帰宅して、


お疲れ様!って言いながら、お兄ちゃんも終わったかな?なんて考えながら

ウトウト………




何を見ても

何を聞いても

息子に心が飛んでいく


あの時、こうだった……

そして、こうしてた………

なのに どうして…………


どうして?

どうして?

どうして………?


お兄ちゃん、答えて………

お母さん 知りたい……


どうすれば 良かったのか………


どうすれば 今もここに、

お母さんの側にいてくれたのか……


教えて……

お兄ちゃん………


お母さんはもう、自分で考えられない………

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。