息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

クッキングパパ

息子の配置換えは あまりにも残業時間が多いのと、夜勤が多すぎるので、その時ちょっと落ち着いてた部署に移ったということだった。


月命日に焼香しに来てくれた上司の方から聞いた。


息子にきちんと説明してくれてたんだろうか?

何故、息子は 悪い方にしかとれなかったんだろうか?


《クッキングパパ》

大きすぎる体格と、落ち着いた(老けてみえる)容姿から(笑)

お母さん方から、そう呼ばれてると、息子は言っていた。


息子から教えてもらう、会社の話は とても、

楽しく聞いていた。


あんなことがあって、物凄く心配だったけど、会社の話は 面白おかしく話してくれていた。


対人関係の悩みや、上司が怖い等、一切なかったと 記憶している。


仕事には、いろんな不満はつきものだ。

パートしかしてない、私にだってある。


あれから、大丈夫みたいだし、あまりしつこく受診と騒いでも 逆効果だろうから、少し様子をみることにして、見守っていた。…つもりだった…


いろいろ話してくれてる限りは、大丈夫。

と思ってた。


なんなんだろう、その根拠のない思い込みは……


呆れる……


息子に会って、謝りたい…

謝ってすむことじゃないけど…

もう どうにもならないけど……


今日も仏壇の息子に手を合わせる……。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。