息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

体温

息子はいつも、体温が高かった。


主人と息子と次女は暑がり。

長女と私は冷え性。


暑がりにあわせ、いつも 床暖の設定は低め。


『もう 1、設定あげていい?』と聞いても いつも、息子に却下される。

『もう一枚着ればいいし』


その通りなんだけど、なんかムッときて、

長女と私で、息子にくっつき虫。


長女はともかく、私に『くっつくな、キモ』と言って 逃げ回る息子……


毎日、なんとも思わず暮らしてたけど、

なんて なんて 幸せだったんだろう……


毎日 楽しかった。

仕事が、あんまりにも 忙しすぎて 脱力して帰ってきても、

ムカムカして 怒りながら 帰ってきても…

子供たちに癒された。


うちは、三人兄妹


三人いないと……


仕事でいなくても、夜勤ですれ違ってても、

息子の存在は 家のそこかしこに あった。


今は 感じられない……


また 寒い季節になってきた。


息子の 高い体温に癒されたい……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。