息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

質問

相変わらず 忙しい職場だった。


以前からいた人は、手を握ったり、ハグしてきて、私の復帰を喜んでくれた。


『元気になったんだね!

良かった!』

『娘さんも、大丈夫でしょ』


曖昧に笑ってやり過ごすしかなかった。


元気になれるわけがない…

長女だって、まだまだ不安定だ…


気を使って、話し掛けてくれてるんだと思っても、今の私にはなかなかきつかった。


辞める時に、私にとって、とても悲しい、理解出来ない言葉を投げ掛けた人がいた。


『大変だったねぇ。

私だったら、絶対 気 狂っちゃうわ。普通になんて、とても出来ないわ ! 』


何言ってるのか、、よくわからなかった…


平気な訳ないじゃない!

私がどんな思いで、ここにいるか、あなたには、絶対わからない!!

気狂うことが出来たら、どんなに楽か……

怒りが込み上げてきて、もう我慢出来なくて、何も言わず その場を離れた。


その人には待ってたよ、と話しかけられた。


私がいない間に勤め始めた人もかなりいた。


『以前勤めてて、今回 また復帰しました。よろしくお願いします』と、一人一人に挨拶した。


《なんで、辞めてたの》


その時、聞かれた。

言葉に詰まってしまった。まさか、聞かれると思わなかったから……


『家族に不幸があって、ちょっと、バタバタしちゃって…』


『そうなんだ』


なんて事ない会話。

でも、私には、とても辛い質問。


こんなことは、これからも沢山、あるんだろうな……。


お兄ちゃん、

お母さん、人との距離感、わかんなくなっちゃったよ。

なんで、皆 聞いてくるの?

そして、どうして、お母さんは上手にかわせないの?


いろんな事が、煩わしい……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。