息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

11回目

明日で11回目の月命日だ。


月命日には、ずっと 息子の会社の方が お焼香に来てくれている。


息子の私物の受け取りと、就職してから今まで、お世話になったお礼をしに 会社に伺った時、暫くの間、伺わせて下さいと、お願いされた。


正直、?だった。何故?

やっぱり、会社も 責任を感じているから?


詳しく聞いてみたかったが、その時は長女もいたので、やめておいた。


長女は、どうしても兄の働いていた職場を見てみたい、ときかないので、学校を早退させて、連れてきていた。

(次女は、行きたくない。お兄ちゃんを苦しめた会社には絶対行かないと言い張っていた。)


2回程は、来てくれた社長さんを責めてしまった。

お世話にはなったし、会社の人達には、よくしてもらったとは 思っていたが、

シフトに関しては、黙ってはいられなかったから…。


『取り返しのつかない事になってしまって、

申し訳ありません。』

『出向の話も、私がきちんと説明するべきでした。』


いや、誰から話されても、絶望感しかなかっただろうな……


息子は少し、対人恐怖症的な所があったと思う。物凄く人の目を気にしてたし…。

でも、会社では、明るく元気だったそうだ。

物凄く、頑張ってたんだと思った。

慣れた部署から移って、やっとの思いで移った部署に慣れてきたと思ったところに出向の話。もう無理だったんだろうな……。


お兄ちゃん、

家族だけじゃなく、会社のひと達も 悲しんでるよ…


命より大切な仕事なんて、ないんだよ……


お兄ちゃん、明日は曜日も同じ月命日。


溜め息と涙しか、出ないよ……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。