息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

何故?

今回の月命日には、5人の方が焼香しにきてくれた。


多分、同僚の方がきてくれるのは今回で最後なのだろう。


10回目の月命日の時、一周忌の事を聞かれて

『家族でやります。親戚も遠いし、あまりいませんから』と答えていた。


で、次の 一周忌の前日に社長さんが来たい、ということだった。


普通、こんなにずっと月命日に拝みにきてくれるのだろうか?


多分、息子の事に、なにかしら責任を感じているからなのかな…

それとも、私が騒いで、過労自殺で訴えられたら大変!とか思ってるのかな…


もうひねくれた考え方しか出来ない。


だけど、同僚の方から、 職場での息子の様子を教えてもらうのは、とても新鮮で、嬉しく、楽しかった。


一緒に 笑いながら、泣きながら聞いていた。


どうして、ほんとにどうして……こんな事になってしまったのか!


家族も、会社の方でも、思うことは同じ……


ひどく落ち込んで…泣きすぎて目も腫れて…

でも、12時からシフト入っていたので出勤して……


なんとか終わって帰宅するとき……


なんと、駐車場で車ぶつけてしまって……(街灯に)


あぁ、厄日……


お兄ちゃん、お母さんのうっかりは直らないのかな……


お兄ちゃんいたら、笑われてたよね…


困った母さんだな、って……


お兄ちゃんと会いたい、そして、会話したい……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。