息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

食事

息子がいなくなってしまってから、

ご飯を食べられなくなってしまった。


家族の為に作るのだが、

いざ、自分が食べるとなると、胃がキリキリキリキリ痛みだし、ほとんど食べられなかった。


罪悪感がハンパなかった。

もう 息子は何も食べられないのに……

あんなに、食べることが大好きだったのに……

そう思うと、もう息子に申し訳なくて、申し訳なくて、どうにもならなかった。


みるみる体重が落ち、あんなにダイエットと騒いでいたのが嘘のようだ……



久しぶりに会う人からは、

なんとも言えない、悲しそうな顔で 心配された。


母親からは、「あんたがしっかりしないでどうするの!」とカツを入れられた。


半年程はどうにもならなかった。


でも、お酒を飲むようになってから

(息子の遺したお酒)少しずつ体重が戻っていき、

気付くと、胃の痛みもなくなっていた。

体重も元に戻った。


普段あまりお肉は食べないのに、急に食べたくなったり、

お酒もあまり飲まなかったのに……

毎日の様に飲んだり……


お兄ちゃんかな!?

お肉好きだったもんね……


考えすぎかな……


高校生のころ、長期休みで、朝御飯食べてすぐ、『ねぇ、お昼なに??』

お昼食べると『夜ご飯何?』

と、うるさく聞いてきた息子。


今も聞きに来てよ。


お兄ちゃんの好きな物、作るよ……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。