息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

通販

息子は買い物に行く時間がなくて、よく通販で買い物をしていた。


CDも、ゲームも。本も。服も。お酒も。

そして、精神安定剤も………


私は知らなかった。

次女が偶然 知ってしまったようで

教えてくれた。


『お兄ちゃんね、お薬飲んでた。

それ飲むと、なんかフワフワしてきて、気持ちが楽になるんだって言ってた。』

『『お母さんには、絶対言うな』って言われてた。だから、言えなかった。』


次女の手前、『そうだったんだ』と流したが

物凄い心臓がドキドキした。

トイレに駆け込んで泣いた……


息子は

『薬で誤魔化して、生きてなんていたくない。それは、まやかしの人生だ!!』

『薬で気持ちが楽になったって、根本が解決してなければ、いつまでも薬をやめられなくなる!そんなのおかしい!!』と、

精神科なり、心療内科なり 受診をすすめる私に、よく言っていた。


だから、あまりしつこくも言えず、様子見をしていた。


なのに、薬を飲んでた……


落ち着いてきたと感じてたのは、薬の力だったのか……?!


いつから飲んでたんだろう?

何故?

何故、私には内緒にしなければならないと思ったのか?


あんなに拒否してた薬を

自ら進んで飲むようになるまで、物凄い葛藤があっただろうに……


息子の部屋の机の中に、その薬はあった。


腹立たしい反面、この薬が、息子の気持ちを救ってくれた時もあったんだな、と思うと、捨てれなかった。


私より、ずっと、息子の為になってた……。


お兄ちゃん、

私には、話しずらかったのかな……?

ごめんね…

ほんとに ごめんね……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。