息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

次女

息子と長女の成績は、中くらい(多分)

良くも悪くもない(と、思う)


息子の進学した高校は、偏差値は高くない。が、倍率は、県内一だった。


長女も同じ高校を目指してた。模試判定では、合格圏だった(でも 結局 進学したのは定時制高校)


二人とも、塾に嫌々通っての成績だった。



次女は、誰のDNAを授かったのか、学校の授業だけで、学年一桁の成績。塾には行ってない。

しかも、受験生なのに、家ではほとんど勉強してるところ、見たことない……


そして、ストレスを上手に逃がすメンタルの強さがある(と、思っている)


兄の死も、物凄い衝撃だったろうに、彼女なりに、悲しみを上手に昇華しているように思えた。


長女の精神面の事も、次女には 正直に伝えた。


学校に行かない(行けない)お姉ちゃんに、少し理不尽さを感じるかも知れないけど、理解してもらいたい。

〇〇にも、迷惑かけちゃうかもだけど、お姉ちゃんの為に、協力してもらいたい、と。


次女は 長女の様子に ポロポロと涙をこぼしながら、

『○○ちゃんまでいなくなったら、やだ……』

『大丈夫、出来ることはなんでも協力する』

と、言ってくれた。


大人びていると言っても、

しっかりしているといっても、早生まれだから、まだ13歳だったのに………。


次女には、甘えてしまっているね……

ごめんね、腑甲斐無い母親だね……

いつも、ほんとにありがとう。


次女のベットには、大抵

涙を拭いたティッシュが何枚かある。

夜、泣いて……

朝、ごみ箱に入れ忘れてるんだろう……

それを見るたび、切なくて 泣けてくる。


ほんとは一番泣き虫は 、 次女……

だけど、泣くときはいつも、隠れて泣いていた。


最近は、見つけること、少なくなってきた。


大丈夫だろうか?!


今度は間違えたくない……

何かあっても、絶対に守り抜きたい……


お兄ちゃん、力を貸して……

妹達、見守っててね……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。