息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

息子の人生

私の母は、夏に 両膝に人工関節を入れる手術をした。

なかなか馴染まず、ヘルニアも悪化して、毎週リハビリに通って来ている。

で、うちに一泊して、次の日またリハビリして、私が送って行く、というパターンが定着している。


『〇〇の人生って、なんだったんだろね……』助手席に座ってた母が突然言った。

家の片付けしてて、息子の写真が出てきて、

『あんなに可愛かったのに』

『あんなに笑ってたのに』

『ほんとに、なんだったんだろね、あの子の人生って……』


息子は精一杯生きた……

行き急いでしまったんだ……

そんな、否定するような、

悲しくなるような事、言わないでほしい……


同級生のお母さんが、

『弱い子だったからね………』


あなたが、息子を語らないで!!

そんな慰め、いらない……


息子は 生きてた……

確かに生きていた!


笑って 泣いて

21年という短い人生だったけど、


生きてた!!

私には光輝いていた!!



12月になってしまった……

息子がいなくなってしまった12月に……。


玄関にクリスマスリース飾る家がたくさんでてきた。


うちは、もう 飾らない……


なにも、飾らない……


お兄ちゃん、ただただ 会いたい……

一緒に 笑いあいたい……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。