息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

前進

実は、長女は1月4日が実力テストで登校日だった。

寝ないで夜通し話してた娘は、当然フラフラ。しかも、私に話した安心感からか、朝方やっと眠りにつくことが出来た。


学校の先生に包み隠さず長女の状態を話した。取り合えず、心療内科にいってくるので、また連絡します、と言って電話を切った。


で、結局 お手上げ状態。


学校のスクールカウンセラーを頼ることになったが、空いてない。予定が一杯だそうだ。


そこで、初めて主人が、命の電話など、パンフレットいろいろ取り揃えて持ってきてくれた。


《あっ!》

そうだ、そんなのがあったんだ!!

すっかり忘れてた!!駄目な母だった!!


と、言うところで、担任の先生から連絡があった。教育委員会に頼んで、空いてて、尚且つ娘の学校に以前在籍してたスクールカウンセラーの先生、確保できたので、相談しましょう、と言うものだった。


ここまで、一週間位。もう学校は始まっていた。


でも、娘が納得しない。

学校に行きたくない。

お母さんが行くのも嫌。

じゃあ、家に来てもらうか、というと、それも嫌だと……。


先生が、説得しに家まで来てくれた。


なんとかなんとか、納得してもらい、学校に行くことに…。


大変だった。投稿拒否児というのは、ほんとに体調が悪くなるんだ……と、ぼんやり考えてた。

学校に行くと思うと、吐きけ、下痢、頭痛、全部来た。


冬休みまでは、兄のことがあっても、普通に通ってたのに……もう、愕然としてしまった。


でも、長女もこのままでは、マズイと思ったのか、なんとか、ほんとに頑張って学校に行った。(保健室で、担任の先生と話してただけだけど)


取り合えず、わたしが1時間ほど、相談した。


精神科の先生も紹介してもらえた。


ほんの少し、ほんとに少しだけど、光が見えた気がした……。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。