息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

悲しい出来事

予約の取れた病院は、精神科の他にも内科や小児科など他にもあり、清潔そうな新しい病院だった。

(分院として、建てられたばかりだった。)


強面の先生だったが、ゆっくり、1時間以上かけて、私達の話を聞いてくれた。

『私、何も話さないからね』と言っていた長女も、泣きながら、突っ掛かりながらも、頑張って今の自分の気持ちを話していた。


カウンセリングの先生は、女性の優しそうな先生だった。が、こちらは 私が同伴出来ない、ということで、長女の強い拒絶があり、次回に持ち越しとなった。


抗うつ剤ではなく、安定剤にしてもらって、体にあわないようだったら、また考えましょう、と。

睡眠導入剤も、眠れてないと体の不調は治らないからと、少ない量を、更に半錠にして処方してもらった。丁寧に説明もしてもらった。


《これは非常に悲しい出来事です……。

これだけの衝撃的な体験をしてしまったのですから、いろいろな体の不調が出てしまっても、仕方ない事だと思います。

ただ、お兄さんの所に逝きたいというのは、良くない考えです。眠れるように、ご飯を食べられるように少しずつ、頑張っていきましょう。

あと、学校に行きたくなければ、行かなくてもいいでしょう。》


大体こんなことを言われたように覚えている。


(へ、学校、行かなくていいのか?!)

正直、面食らったけど、

もう、主人も私も、生きてさえいてくれたら、笑っていてくれたら、もう高校なんて、どうでもいいや、という気持ちだったので、

学校の先生方には申し訳ないと思いながら、

長女が自分から、行くと言うまで、放置?した。




息子は、今、私達を 何処かから 見守っていてくれるだろうか?


俺の時は、何もしてくれなかった、と怒ってないだろうか?


私の事は怒っててもいい。……当然だ!!


ただ、妹たちの事は 見守っててもらいたい……。

お兄ちゃん大好きっ子だった妹たち……

ほんとに、ほんとに、大好きだった……


お兄ちゃん、今 どこにいるのかな……?


会いたい…

会いたいよ……………

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。