息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

遺された本

あまり読書しない息子にしては珍しく、本を2冊購入していた。


買ったはいいが、読む時間も、心の余裕もないようで、しばらくリビングに放置していた。


題名がスバラシイので、ついついからかってしまった。


『なんで、これ?』

『しょうもないな~笑』




結局、息子はどっちも読まないで逝ってしまった。


読んで、欲しかった……

逝く前に、読むべきだった……

息子のような人こそ、読むべきだった……。


肩肘張らず、程よく気の抜けた 人生を、ゆっくり生きて行く

そんな人生もあるんだ、と……。


主人はあまりそう思えなかったようだが、

もし、息子が読んでたら……

(もちろん、私も読んでなければ意味がなかったろうけど……)

何か、変わってたかも………


一袋100円位の乾麺。

俺、三食これでもいいや……と言ったことがあった……。


健康面から、馬鹿なこと言ってないで、と思ったが、息子は やっぱり辞めたかったんだろうな………。

節約していけば、アルバイトでも 暮らしていけるかな……と、ポツリ……。


《いや、厳しいでしょ。》

一刀両断してしまっていた。


息子の引き出しには、

祖父母から(お誕生日おめでとう)の、のし袋に入ったままの現金、

少し早いけど、来年のお年玉も(会える時にと、もうもらっていた。)入ったまま。


財布にも、結構入ったままだった。


何も、何も身辺整理なんて、してない。

日常生活そのまま、

息子だけ、ただ息子だけががいなくなってしまった。


主のいなくなってしまった部屋。

車。

パソコン。

そして、私達家族……。

みんな、みんな 置いていかれてしまった……。


お兄ちゃん、気にならない……?

たまには、気にして、見に来てよ……


会いに来てよ……お兄ちゃん……!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。