息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

救急車

今朝、琥珀の散歩をしていると、救急車のサイレンが鳴り響いてきた。


瞬時に、固まる私……。


6時30分から7時に朝の散歩を日課にしていると、意外にも、朝、救急車が走ってることに気付いてしまった。


でも、今朝は サイレンの音が近付いてくる。


土手から道路に移動しても、遠ざからない。


うちは、4丁目。3丁目に来ていた。


心臓がドクドク……。


もう涙がとまらなくなってしまった。


あの日、私は近付いてくるサイレンの音さえわからなかった。

ただ、4~5人の救急隊員の方が家に入ってきて、《あぁ、これで 息子は助かる……》なんて、現実逃避でしかない希望を抱いていた。


娘さん達は何年生ですか?と聞かれて

中三と中二です、と答えて、

3人は乗れないので、留守番してもらって下さい、と言われて


泣きじゃくってる妹達を置いて、一人 救急車に乗り込んだ。


お父さんに電話して!と叫びながら……。


息子の名前を聞かれて、教えて、

『〇〇さん、〇〇さん、聞こえますか?』


必死に蘇生措置してくれてるのに

何の反応もしない息子に

絶望感に襲われながら、泣きながら息子の名前を呟いていた……。


あの日から、救急車に出会うと 胸がギュッとしめつけられると同時に 動けなくなってしまう……。


もうすぐ、一年……。

まだ、たったの一年……。


これから、何年も こんな気持ちで過ごしていかなきゃならないのかな……


多分、死ぬまで……。

長いな………。

でも、これが、息子を死なせてしまった私への罰なのかな……。


ひどい罰だな……。

ひどい罪だから…?


罰なら、息子と同じ 《死 》を望むのに……


お兄ちゃん、

会えなくなって

もうすぐ、一年……

こんなに離れたことなかったのに……

お母さんの独り言、増えてきてるよ……

相づちうちにきて

お願い…… 声が聞きたい……

声、聞かせてよ…………

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。