息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

虫の知らせ

主人は、息子が高校三年の時に、車で一時間弱の所に単身赴任した。


忙しい職場だし、月の残業も軽く100越すときも頻繁だし、召集かかれば、休みだろうが、真夜中だろうが、関係ない。


私の感覚もマヒしてたんだろうな……


息子のつらさを解ってあげられなかった。



死亡宣告されて、警察官からいろいろ質問されてて、気付いたら、主人がいた。



何も話せなかった……ただ ただ、涙がとまらなかった……


『会いにいったら、署に連れてかれちゃった』


もう、病院にいても仕方ないので、息子が帰って来るときの支度しなきゃと

家に向かった。


唐突に主人が話し出した。


『今朝、家族の夢 見てたんだ。だけど 息子だけがいない。どこ探してもいなくて、なんか、凄い気になって、4時に目覚めたんだ。

それから、眠れなくて ずっと胸騒ぎしてた』って……。


離れて暮らしてた 父親には、知らせにいったのかな…


でもね、お兄ちゃん

お父さんの夢、知ってたよね。

お兄ちゃんと、居酒屋とか、赤提灯でも何でもいいから、二人でとことん、飲んで飲んで、いろいろ腹割って話したいって……


二人とも、普段あんまり話す時間なくて、でも、なかなか時間も取れなくて、

二十歳になるの待ってたけど、月一で、土曜にお父さんが帰って来ても、お兄ちゃんは仕事で……


そのうちって、思ってたけど……


お兄ちゃん、お父さんも毎日泣いてるよ……


みんな、みんな、お兄ちゃんに会いたいんだよ……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。