息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

名前

名前を間違えて呼んだ……

次女を息子の名前で呼んだしまった……


『あぁ、ごめんね

間違えちゃった……』


何やってんだか……

でも、久しぶりに呼んだ……

当然、返事はない。

キョトンとした次女が苦笑い………


久しぶりに名前を呼んで、返事はあるはずないが、もっと呼びたくなった。


こっそり息子の部屋にいって

ぼそぼそ名前を呼んだ……


いつも、『何や~』みたいな返事だった。

何かしてると、『ん~?』


ずっと、この部屋で

名前を呼んでたい……


でも、多分部屋には息子はいない…

息子が最期に選んだ場所はリビング。

いつもリビングにいた。

主人は単身赴任だったから、

息子と娘二人と、私、4人でいつも……。


部屋には寝るときだけ。

オンラインゲームにはまってた時は

部屋でパソコンやってたけど…。


もっと、

もっともっと呼びたい……

ずっと、

ずっとずっと呼び続けたい……


そしたら、いつか返事 返ってこないかな……


もっと呼び続けるはずだった……。

うるさいなぁと鬱陶しがられても

まだまだ一緒にいられると思ってた。


『家大好きだったから、まだ家にいるよ……』

こんな事を言われた。

でも、私には息子を感じることは出来ない…

それに、成仏出来てないのか、それも心配になる……


結局、家族にかくれて

名前を呼ぶしか出来ない……


お兄ちゃん、たまには 返事かえしてよ

何や~?って……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。