息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

息子の存在の大きさ

毎日、笑えている。

テレビをみて…

会話をして…


ご飯も三食、食べている。

美味しいと感じながら…

外食もしてる…


眠れてもいる。

途中、何度も目が覚めるけど…


でも、何で生きてるのか 分からない


生きていく意味が 分からない


今は、まだ二人の娘を育てないといけないから、なんとか生きてる。


娘達と接していると、

この子たちは幸せになれるように…

幸せにしてあげたい…と強く思う。


でも、夜一人でいると、もう悲しみが押し寄せてきて、どうにもならない……


早く息子の側にいきたい…

早く会いたい…

どうして会えないの…

なんで、声が聞けないの…


毎日毎日、堂々めぐり……


息子が生きていた時は

私が息子を支えている、という勘違いをしていた事に気付いてしまった。


息子の存在に助けられていたのに……

息子がいたから、

子供達が揃っていたから

楽しい人生だったのに……

頑張れたのに……


虚しい毎日……


喪ってからわかる

大切な大切な存在……


お兄ちゃん、

お母さんの子供に生まれてきてくれて

ありがとうね……

もう少し待っててね……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。