息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

休日

今日は主人の誕生日。

8日は私の。

19日は次女の。

みんな、魚座。

長女は乙女座。

息子は天秤座だった。


今でも毎朝、テレビの占いでチェックするのは、3つの星座。


新聞の今週の運勢も、3月と9月と10月を見る。


何も変わらない……


ただ、息子が居ないだけ………



今日は長女の高校の卒業式だった。

通信制もあって、凄い人数なので、近くの会館を借りての式となる。


仕事が休みだったので送って行った。


制服がないので、卒業生は、スーツが多い。


みんな、晴れやかな表情。

にこやかな顔……。


何故、私の息子には もう何も無いのだろう……

ふいに、どうしようもない 虚無感に襲われた



息子はもう、笑うことも、話すことも、泣くことも、何もない……


どうしてうちの息子だったんだろう……

どうして、こうなっちゃったんだろう?

なぜ、助けられなかったんだろう

なぜ なぜ なぜ?!


久しぶりに車で、号泣してしまった………


あまりに顔が酷いことになって、買い物にも行けず、そのまま帰って、

琥珀を抱っこしてまた泣いた。


4年前、卒業式から帰ってきた息子は

超ご機嫌だった。

長女と踊ってる画像がある。


その時は、これからの未来に心踊ってたんだろうな……。


4年前に戻って、伝えたいことがある。


お兄ちゃんが、大好きだよ……

お兄ちゃん、疲れたら休んで……

休み休みでいいんだよ……

ゆっくり、ゆっくりでいこうね……

家族みんな、お兄ちゃんの味方だよ……。


忙しすぎて、息子のことを頭の隅に、無理矢理押し込んでた。

今日は珍しく、何もない休みだった。


忙しいほうが、心が壊れないのかもしれない……


お兄ちゃん、ほんとに、だいすきだよ………

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。