息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

雑多な想い

昨日、職場でひと悶着あった。

激情型の彼は、ずっと夜までシフト入っていたのに、開店後のワタワタしている私たちを尻目に、思いっきり物に当たりながら、叫びながら帰ってしまった。


前から、短腹で、よく物に当たりながら怒ってるというのは、聞いていたが、目の当たりにしたのは初めて。

しかも、仕事放棄して帰ってしまう………。

びっくりするやら、あきれるやら……。

しかも、この人が私達のリーダー!?


でも、思ってしまった……。

息子も、職場で、ほんのちょっとでも、自分の気持ちを話せていたら……

残業多すぎとか、

夜勤だけはおかしいとか(そういう条件で入社したわけでない)

どうして、自分だけ、休み少ないんだとか……


ここまで、主張しなくても、ほんのちょっと、おかしくないですか!?と……。


今更……

ほんと、今更だけど……。


主人は主人で、招集かかってしまい、

列車の飛び込みの調べ……。


どうしても、自分で自分を傷つけてしまう人は後を絶たない………


息子の時の、鑑識作業の責任者の方は、とても親身になって、いろいろ気を遣ってくれて有り難かった。


主人が転勤で、息子の件を扱ってくれた署に赴任して、しばらくたった頃、

喫煙所で、その時の人の一緒になったとき、


『無理してない?

大丈夫?

実は、うちの息子も、なんだ。』

と、話してくれたと。

かなり前に、縊死してしまったと……。


だから、あんなに、気を遣ってくれたんだ……


同じだったんだ……


やりきれない想いだけが、大きくなっていく……


後悔、罪悪感、希死念慮………

でも、しばらくはそれらの想い、呑み込んで

……


明日は次女の受験。

美味しいお弁当、作って送り出そ………

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。