息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

上手にスルーしていかないと……

ふと、気付けば もう 8月の下旬。


お盆も過ぎた。

父の初盆だった……。

職場は一番の稼ぎ時だったが、休ませてもらった。

父にかこつけて、息子が還ってきてくれるように、喜んでくれるように、いろいろお供えした。

悲しいことに、息子を感じることは出来なかった……。

でも、長女が、『やぁ』ってお兄ちゃんが帰ってきた、という夢をみたと言っていた。


そして、月命日も過ぎてる……。


たんたんと、ただ、日々は過ぎていく。

息子の名を呼ばなくなって、どのくらいたつのだろう……。


あまりにも無神経な人の言葉に、

いちいち反応しているのも苦しくなり

意識して、息子のことは考えないように、努めてきた。


本当は ただただ、息子のことを想っていたいのに……。

悲しいかな……働かないと生きていけない。

息子のところにいきたいけど

まだ逝けないから、生きていくために

心を無にして、頑張っていかないといけない。


なんだかなぁ………。


連名とはいえ、お香典頂いた方から

『息子さん、元気にしてる?』と聞かれて……答えられずに絶句してると、

生前の息子の話をいろいろとされて……

(若いのに呆けてきたんかい💢と心の中で毒づいて……。)


ちょっとしたことで、『自殺したいわー』

と、口にする同僚……。


新幹線に飛び込んだ若い女性をみてしまって、騒いでる同僚……。


うん、びっくりしただろうけど……

心無い一言に、関係はないけど……

知らない人だけど、傷つく………。


人生いろいろ……

考え方もいろいろ……


上手にスルーして

なんとかやっていこう……


でも、たまには

遊びに、様子見に

夢にきてくれないかなぁ……

ねぇ、お兄ちゃん!

大雨

秋田が大変なことになってる。

そういう我が家もこのまま降り続けられたら、大変……。


今朝はいろいろ道路冠水してるし、国道も、通行止め多くて、裏道裏道でいけば

出勤出来たけど、主人も召集かかって仕事にいってしまったし、

近所の川は氾濫してしまったし……


娘が心配なので、無理せず、休んでしまった。


いつでも避難出来るように、荷物まとめて車に積んでるが

杞憂ですんでほしいと……。


雨がちょっと止んだので、琥珀の散歩がてら、雄物川を見に行った。

秋田県を縦断してる雄物川は場所によっては氾濫してしまってるが、うちのほうは警戒水位までまだ少しあった。

氾濫すれば、うちは水没地域。


いろいろな所で自然が猛威をふるってるこの頃、うちも大雨だと、恐いなとは思ってたけど、いつもの散歩コースはもう、海のよう。


自然は、こわいな……。


大事なものは二階にあげた。

息子の分骨した遺骨も。

写真はバックにいれて、持ち出しにした。


娘が遺影は?と聞いてきたけど、

遺影はそのまま。


多分大丈夫だと思ってるけど

大切な物、たくさん有りすぎる……。


息子の残ってる物、全部大切な物だ……。


このまま、何事もなく

水、引いていきますように……


いろいろな被害にあわれてしまった方

かける言葉もありませんが……。


なんとか、のりきっていきましょう……。

一緒に旅行

娘達と東京に出掛けてた。

夜行バス往復の三泊四日(車中二泊)の

強行軍。アラフィフの私にはクラクラの

日程。

新幹線だと、用事に間に合わず

帰りもギリギリまで居たい、とのことで……。


あまりの暑さと人の多さに完全グロッキーな母。対して娘達はスマホ片手に

あそこ、ここと、精力的。

若いって凄い、と思った。


まだ服薬してるけど、少しずつでも

前に進めてる長女。

物凄く頑張ってる次女。


お兄ちゃん、一緒に来たかったね……。

(もちろん、遺骨も写真も一緒だったけど)

いろんなとこ、観光したかったね……。


仕事で来られなかったお父さんはもちろん、残念だったけど、

お母さん、お兄ちゃんと来たかったよ。


中学の修学旅行、時間足りなくて

行きたいとこ、行けなかったって言ってたから……。


美味しいもの食べても

どこに行っても

想うのは、息子の事。


娘達と、楽しいけど、

泣けてもくる……。


お兄ちゃん、静かにしていたかったかもだけど、お母さん、つれ回しちゃったね。

(遺骨ベンダント、まだつくってないんだけど……。)


お兄ちゃん、

何かしたいこと、し忘れたことあったら、

夢で教えて欲しいな……。


待ってるね……。