息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

眠れない…

泣いても

哭いても

叫んでも

何しても

息子は帰ってこない


息子の心の叫びに気付けなかった私


その私の叫びに

息子が答えることも

ないだろうな………


私が母親で ごめんね……。


頭痛のせいか

久々に

堕ちてしまった感………


泣きすぎて ひどい顔……


息子を感じたい………


幸せに出来なかった……


せめて、今は

安らかであってもらいたい……


後で 大好きだったハンバーグ

お供えしようかな……

強い………、のかな……?

主人に

『お母さんは強いね……』って言われた。


家族の為に、

心に蓋をして、


泣いてるところを………

涙を見せないようにしてたら…………。






職場の店長にも…………

『○ーさんは強いな、うん、強い……

やっぱり、女性は強いんだな………』




頑張り続けるのが

辛くなってきた…………




ただただ、

息子の事だけ考えて

自分の世界にとじ込もってられたら

どんなにいいか………





無理なんだけどね…………



まだ娘たちを育てあげてない………



でも、息子を死なせてしまった私に

子育て……………???

できるんだろうか……



すみません


愚痴ですね………





お兄ちゃん

お母さん、なかなか

頭働きません。


何処かから

見ててくれてるかな……?



また、夢に遊びに来てほしいな………

お墓参り

土曜日、義母のお見舞いがてら

母の日のプレゼントを渡しに

一人で施設に向かった。

雨だし、一人だし、とテンション低めだったが、義実家に行けぱお墓参りができる!と

思い出し、イソイソと出発した。


でも、途中、息子の会社がある。

国道から少しだけ入っていくのだが、

視界に入ってくる。


毎日毎日 通ったんだよな……

元気だったようにみえたんだけど……


もっと息子の言葉、聞いてあげてれば良かった。

もっと、きちんと向かい合ってたら………


今更 考えても仕方のないことを

また 考え出してしまう……。


着いたら 雨が、横なぐりの雨になってる…。


墓地には人っ子一人いない……。

ゆっくり、ゆっくり

話し掛けながら お参りした。


ほんとに、今はどこにいるのか……?

呼び掛けても 返事は、当然ない。


時間がたっても ちっとも悲しみはなくならない……。

却って強くなってるかも……。


あともう少しか……

何年かしたら私もここに一緒に眠れる。

今はそれだけが待ち遠しい……