息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

午後4時と午前4時

去年の今の時間、息子は出勤の準備をしていた。

私は休みで、長女も部活がないから、私が迎えに行って、もう帰宅していた。


出勤する息子の周りでうろちょろしていたような気がする。


戻りたい………あの日に戻りたい……

戻って、息子に大好きだよ……

会社やめてもいいよ、大丈夫だよ

お母さんは何があっても、応援するからって……息子に伝えたい……


お願いです…

戻して下さい……

私の息子、返してください……


今日焼香しに来てくれた社長さんに言いたかった


でも、言えなかった……


お兄ちゃん、もうすぐ、あなたと別離れた時間になってしまうよ……


当日の午前4時も悲しいけど、前日の午後4時も、お母さんには辛いな……


どうしたって、もう会えないけど……


お兄ちゃんの声が聞きたい

笑顔が見たい

あったかい体に触れたい


もうすぐ、出勤時間

もう二度と会えなくなるなんて

夢にも思わず、送り出してしまった………


戻りたい

戻って、止めたい……


お兄ちゃん、ごめんね

ごめんね……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。