息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

長女

長女が、壊れてしまう寸前だった。


元気がないのは、しょうがない…

あまり食欲ないのも、わかる…

ただ、眠れてないのは、わからなかった。


忌引き休暇とたまった有給で、主人はかなり長く側にいて、娘たちに寄り添っていてくれた。


休みがあけ、主人が赴任先に帰った夜、洗濯を干しに二階に行ったら、泣いてる声がする…


長女だった。声を掛けたら もう号泣……

妹が起きてしまうので、居間に連れて落ち着かせようとしたが、だめだった


毎晩、お兄ちゃんが夢に出てくる

死んじゃったのに、いつもニコニコして、普通に笑ってる。自分が死んじゃったの、わかってない……夢で会えるの嬉しいけど、つらいって……眠るの嫌だって……


そして、極めつけ

『お兄ちゃんとこ、いきたい』


ハンマーで殴られたような衝撃だった


私、何やってんだよ!!と


また間違えるのか!?


また、大切な、大切な 子供 失うのか!?


自分の悲しみで、いっぱいいっぱいで、娘たちの悲しみ、衝撃に寄り添う事が出来てなかった……


長女の話を夜通し聞いてた。お互い、泣きながら、長女を抱きしめながら……


その日から暫くの間、娘達が 起きてる時は 息子の事は 無理矢理 頭の隅に追いやるよう、努めた。


お兄ちゃん、ごめんね


でも、お母さん、もう、誰も亡くしたくない……


子供に先立たれるのは、地獄…

ほんとに、地獄の苦しみ……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。