息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

たら、れば、の毎日

随分とご無沙汰してしまっています。

7ヶ月ぶりでしょうか……。


息子と会えなくなってから、もう2年と8ヶ月たってしまいました。


相変わらず毎日毎日息子の事が頭から離れません。

未だに、ああしてたら、こうだったら、〇〇してたら……と、たら、ればが止まりません。


後悔

罪悪感

自責の想いに苛まされながらも、

生きています……。


ただ、5月の末に実母が大怪我をして救急車で運ばれて、未だに入院生活。利き手がもう使えなくなるかも、というほどの怪我をおってしまい、手術してもらったけれど、なかなか回復せず、未だに退院の目処もたたない状態で、そんな時に主人も入院、手術と重なり、

まさに、息つく暇もないほど毎日が忙しく、いつもよりは息子の事を考える時間が少なかったのかなぁ……と。


お盆に休みがとれなかったので、

明日はちょっと早いですが

お墓参りに行く予定です。


息子の好きな物沢山持って……。


お盆だから、帰ってきてくれるかな……


お兄ちゃん、待ってるね

帰ってきてね……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。