息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

忘年会(2)

息子は 息子なりにその仕事に 一生懸命向き合って 頑張ってたのに、全然認めてもらってなかったと、自分の努力したことは何だったのか、と、絞り出すように、呟いてた…


息子は 静かに、静かに 傷付いていた。


酔って動けなくなっていた息子が、動けるようになるまで、そして 落ち着くまで 抱き締めて あげることしか出来なかった。


『そんなことない、一生懸命頑張ってたのは、皆 知ってる!』

『社員だから、いろんなとこ覚えなきゃいけないからだよ』


こんなことしか 言えなかった。


そして、自分を否定する言葉しか口にしない 息子に 家族皆、お兄ちゃん大好きだよ!と、お兄ちゃんがいないと、だめなんだよと、一緒に泣くことしか 出来なかった。


『なんか、酔っばらっちゃって、夕べはごめん』


一晩寝たら 落ち着いたみたいだったけど、

私は心配で、心療内科 受診してみないかと、息子に 話した。


仕事は 多分 これからも色々あると思う。

面白くない事も 出てくると思う。


でもその度に 死にたいなんて 思ってしまうかも知れないのは、心にも、体にも良くない。それに自己否定がひどすぎる。というか、この時初めて《鬱かも?》と疑った……



この時、受診してれば……

どんなに嫌がられても、引きずってでも

連れていってれば……


仕事、辞めさせてれば……


私がきちんと動いて、息子を守ることができてれば、今も息子は 家族と一緒に笑ってたはず……


『もう 大丈夫、ちょっと酔っ払っただけだよ。それに そんなとこ 絶対嫌だ!いかないから』


息子の拒否は激しく、どうにも無理だった…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。