息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

復帰

明日、9ヶ月ぶりに仕事復帰する。

今から 憂鬱で……

少し、怖い……


辞める時、 娘さん 落ち着いたら、戻ってきてね。と言われたが 、戻る気はなかった。

もし、働けるようになったら、徒歩圏内で新しく探そうと思っていた。


長女も、元通りとはいかないが、大分 落ち着いてきている。(相変わらず、眠りの状態はよくないが……)


家は 専業主婦している余裕はないし、そろそろ探さないとまずいな、と思ってるところに、辞めた職場から、何回か復帰のお誘いを頂いて、

新しく職を探す元気も、新しい人間関係築くガッツもなかったので、ついつい甘えてしまった。


戻るということに、主人も、娘たちも驚いていた。


実際、自分でも驚いている。


オープンした時から、約8年勤めてきた。


パートリーダーという立場で、いろいろ大変な思いをした。

時給で働くパートなのに、シフト作成(自宅に持ち帰って)から、急用で出勤出来ない人がいれば、代わりのパートさんの確保やら、何で私が、と思いながらも、こなしていた。


息子はそんな私に呆れながら、

『やめちまえ!そんな職場。おかしいよ。母さん、ただのパートだろ!それ、社員の仕事だろ』と、よく怒っていた。


『やめちまえ!』


あれは、息子が、欲しかった言葉だったんだな……ふと、思い出した。


お兄ちゃん、お母さん、また戻っちゃったよ…。馬鹿だよね…

でも、今度は役にも就かないし、新入りパートだから、大人しくしてるよ。


まだ、突然 フラッシュバックおこして、泣きたくなるし、固まってしまうけど……


生きていかないといけないから……

復帰する。


でも、ほんとは、お母さんは

明日なんか、要らない…

お兄ちゃんのいない、存在しない明日なんて、もう生きていたくない……


早く、早く側にいきたい……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。