息子と過ごした大切な日々

2015年12月17日、21歳の息子が自死。
まだ信じられない、信じたくない愚かな母の懺悔の日々。

会社

遺書はなかった


確かにメンタルの弱い子だった。



なかなか、ポジティブには なれない子だった。


でも、持ち前の真面目さで、仕事は一生懸命頑張っていた。


『残業禁止令出た』

『また、残業一位だった』


2年8ヶ月勤めて、100時間超えた残業は1回だけだったが、60時間超えは結構あった。

でも、2ヶ月続くと 次は少なくしてくれて、考えてくれてる、と思ってた。


でも、夜勤続けて、土曜休日出勤して、日曜の朝帰宅して、次の日の月曜から日勤とか、無茶ぶりが凄い多かった。


若いから大丈夫だろう、と母親の私ですら、そう考えてしまっていた。


24時間 生産ラインは稼働してるのに、夜勤時は交代要員がいないって、どういうことなんだ!?

誰もいないから、最悪トイレだけは何とかしていくけど……


段々、大丈夫なのか、心配になってきてた。


だけど、私は ただ、心配してただけ……


何もしてあげれなかった……


情けない……不甲斐ない親だった……


ごめんなさい

ごめんなさい


謝っても 謝っても、

もう 息子は戻ってこない

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。